Ruby Version Manager (RVM)の設定


redmineを利用しているためRuby Enterprise Editionを既にインストール済み。
通常のインストールディレクトリ形とは異なり、rubyホームディレクトリが良くわからないため、RVMを利用して通常のrubyも切替えてつかえるようにすることにした。

Ruby Version Manager (RVM) http://rvm.beginrescueend.com/

★インストール前

[root@localhost ~]# ruby -v
ruby 1.8.7 (2011-02-18 patchlevel 334) [i686-linux], MBARI 0x8770, Ruby Enterprise Edition 2011.03

★インストール手順
以下を参考にして実施。
rvmをインストールして複数バージョンのRubyを管理: http://blog.digital-squad.net/article/155208508.html

rvmインストール後、

[root@localhost ~]# rvm list known
# MRI Rubies
[ruby-]1.8.6[-p420]
[ruby-]1.8.6-head
[ruby-]1.8.7[-p334]
[ruby-]1.8.7-head
[ruby-]1.9.1-p378
[ruby-]1.9.1[-p431]
[ruby-]1.9.1-head
[ruby-]1.9.2[-p180]
[ruby-]1.9.2-head
ruby-head

# GoRuby
goruby

# JRuby
jruby-1.2.0
jruby-1.3.1
jruby-1.4.0
jruby[-1.6.0]
jruby-head

# Rubinius
rbx-1.0.1
rbx-1.1.0
rbx-1.1.1
rbx-1.2.0
rbx-1.2.1
rbx-1.2.2
rbx-1.2.3
rbx[-head]

# Ruby Enterprise Edition
ree-1.8.6
ree[-1.8.7][-2011.03]
ree-1.8.6-head
ree-1.8.7-head

# Kiji
kiji

# MagLev
maglev[-25506]
maglev-head

# Mac OS X Snow Leopard Only
macruby[-0.10] # the default macruby
macruby-nightly
macruby-head      # Build from the macruby git repository

# IronRuby -- Not implemented yet.
ironruby-0.9.3
ironruby-1.0-rc2
ironruby-head
rvm install ruby-1.8.6-p334

以下にインストールされた。
/usr/local/rvm/rubies/ruby-1.8.7-p334

広告
カテゴリー: ruby, ServersMan@VPS パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中